« 2016年6月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

沖縄からやってくる!きいやま商店 ハートフルライヴ in 岸和田マドカホール

「きいやま商店」?どこのお店?
・・・ではなく、「きいやま商店」は沖縄の石垣島出身のいとこ兄弟3人組のユニット名。
3人のおばあちゃんが石垣島で営む実際のお店の名前から名づけられたそう。

去年にひきつづきライブがラヂオきしわだ主催で
7月2日(土)に岸和田春木マドカホールにて開催されます。
去年の開催に引き続き2回め。

------------------------------------------------------
きいやま商店 ハートフルライヴ in 岸和田
【日程】2016年7月2日(土)
【時間】15:30開場/16:00開演/18:00終演予定
【会場】岸和田市立文化会館「マドカホール」大ホール
    〒596-0004 大阪府岸和田市荒木町1-17-1
【料金】一般:3,500円/中高生:2,500円/小学生:1,000円/
    3歳以下は無料(お席が必要な場合は1,000円)
    ※当日は500円増し

http://www.radiokishiwada.jp/archives/archives/event/kiiyama2016pre

公式FB  https://www.facebook.com/kiiyamaliveinkishiwada/

------------------------------------------------------

kiiyama2015c

 

 きいやま商店のライブを岸和田で行うことになったきっかけとなったのは
淀川恵子さんの「ハートフル・トーク」というラジオきしわだの番組。
楽しい地元の話題の合間にきいやま商店の曲が毎回かかるので
一度ぜひ聞いてみてはいかがでしょうか?
パソコンやスマホ、またはFM79.7MHzで聞くことができます。

 

■ラヂオきしわだ http://www.radiokishiwada.jp/
「淀川恵子のハートフル・トーク」
日曜日 午後2時~3時
再放送 月曜日午後5時~6時


ライブには、彼らのディープなファンから、沖縄好き、初めましてのファンまで。
大阪市内、他府県からもわざわざ岸和田までやってくる人気ぶり。
きいやま商店ってどんなバンドなの?
という方はこちら

きいやま商店オフィシャルサイト
http://kiiyama.jp/

 

 kiiyama2015


2年連続で岸和田のライブに来るリピーターもいるそうで。
最近は、NHKのみんなのうたやBSフジの「be ポンキッキーズ」にも
レギュラー出演されており、ちびっこファンも多くなってきたとのこと。
大人も子どももきっと一緒に楽しめますよ。

 

■きいやま商店「ハブとマングース」動画はこちら

 

マドカホールへのアクセスは、春木駅から徒歩7,8分。
https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/10/madoka-map.html

 

kiiyama2015b

 

今年は、当日ロビーで、きいやま商店の関連グッズの販売
(サイン会の引換券付き!)もあるそうです。

行ってみたい方は、まだ少しチケットがあるとのこと。
ラヂオ岸和田のホームページから申込をどうぞ。


■ラヂオ岸和田 きいやま商店 ハートフルライヴ in 岸和田
http://www.radiokishiwada.jp/archives/archives/event/kiiyama2016pre

メールでお申し込みの場合は、当日マドカホールでお支払いできます。
または、ラヂオ岸和田でも直接購入できます。
岸和田駅前にある沖縄料理店「味一」でも購入可とのこと。


kiiyama2015d

 

岸和田にいながらにして沖縄の風を感じられそうです。
私も、今年は初めて彼らの生ライブを楽しみたいと思います!

 

読んだらポチっとお願いします→にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ ツイート

春木にあるサイクルピア岸和田BMXのカフェDEUX(ドゥー)でランチ

南海本線春木駅から徒歩約5分。

岸和田競輪場横にBMXの練習場があります。

ここは、2011年オープンして以来、一般社団法人全日本BMX連盟公認レースも

開催される全国的にも数少ない本格的なBMX施設です。

全国各地からも大会に備えてプロを目指す子どもたちが練習にもやってくるとのこと。

 

そんなBMXコースの横にあるのがクラブハウス。

ここに誰でも気軽に利用できるカフェがあるのをご存知でしょうか?

 

旧26号線沿いの歩道から見るとこんな感じ。

以前、取材させていただいた時はコーヒーだけだったので、

気になっていたランチに行ってきました!

 

続・「サイクルピア岸和田BMX」(春木若松町)~カフェ編~ | 0724 ...

 

 160601_cafedeux_01

 

ここから中に入って・・・

 

 160601_cafedeux_02

 

 

クラブハウスの1階がカフェです。

現役競輪選手とOBがスタッフがコース内でサポートしたり

お店を運営されています。

 

 160601_cafedeux_03

 

光がたくさん差し込む店内。

子どもたちの笑い声や、練習に付き添いにきている大人もほっと一息。

 

160601_cafedeux_04

 

私は焼カレーをいただきました!

(真ん中の半熟卵を割って食べる超うましです!)

え?500円!?ですって。

かなりリーズナブルな価格。

元競輪選手の方が料理を担当されています。

日替わりサービスランチやモーニング、コーヒーやドリンクメニューもあり、

カフェとして気軽に立ち寄りたいお店です。

 

160601_cafedeux_05

 

コースの横はすぐ競輪場が間近に。

子どもたちも本物のアスリートの走りに釘付けです。

 

160601_cafedeux_06

 

運営母体のドゥールースはオリンピックを目指し、エリートチーム生を育てています。

地域の企業やスポンサー企業が、未来のアスリートを応援しています。

 

160601_cafedeux_07

 

岸和田から世界へ挑戦する選手が誕生するのが楽しみですね!

 

160601_cafedeux_08

 

[関連サイト]

サイクルピア岸和田BMX

[岸ぶら関連記事]

サイクルピア岸和田BMXコースオープン!

もうすぐ一周年!サイクルピア岸和田BMXコース

岸ぶら記事「BMX」で検索

読んだらポチっとお願いします→にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ ツイート

グランフロント大阪 うめきた広場で出会った岸和田の新たまねぎ

最近減ってきていますが、岸和田の原風景とも言える「玉ねぎ小屋」は

昔から玉ねぎの栽培が盛んであったことのしるし。

岸和田土生町には、明治の頃、泉州タマネギの普及に人生を捧げた

「坂口平三郎」氏の碑もあります。

泉州の玉ねぎは、淡路島の玉ねぎのルーツとなったとも言われています。

そんな玉ねぎが岸和田で今、出荷最盛期を迎えていますね。


(関連記事)たまねぎ 出荷最盛期

 

大阪市内で地元の物を見かけたら嬉しくなってしまう私。

5月初旬のことでしたが、グランフロント大阪のうめきた広場で行われている

Umekiki木曜マルシェで岸和田から来ているお店に出会いました。

 

sensyutamanegi01

 

岸和田の契約農家さんで良質の土づくりと水に恵まれた土地で育った

みずみずしい玉ねぎは「クイーンオニオン」という名前で販売されています。

 

sensyutamanegi02

 

岸和田発たまねぎをもっと知ってもらいたいと奮闘中!

岸和田に本社があるグリーンフィールド株式会社の八百屋さん

やお正」のお二人です。

 

sensyutamanegi03

 

泉州たまねぎが出回るこの時期と同じくして、大阪湾では鱧が旬を迎え始めます。

鱧と玉ねぎは「出合い物」といわれ、鱧鍋に玉ねぎを入れた郷土料理があります。

あー食べたくなってきた!!

地元の味っていいですね。

読んだらポチっとお願いします→にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ ツイート

音と踊りのイベントGENTEN 3・和泉大宮 兵主神社にて 2016/4/24(日)開催 !

今年で3回めとなる「音と踊りのイベント GENTEN 3」が

和泉大宮の兵主神社にて開催されます。

体験ワークショップが増えています!今年も楽しみです!

和泉大宮 兵主神社にて11時~16時開催です。

南海本線「春木」「和泉大宮」駅より徒歩またはお車の方は

近隣の有料駐車場をご利用くださいね。

 

 

1459333998 1459345608

image

 

----------------------------------------------------------------------


神社の境内に大きなステージが出現!!

そこから始まる音と踊りのイベント GENTEN

 
気持ちいい春の日差しの中、ゆったりとした気持ちで

音楽と踊りを楽しんでご観覧ください。

今まで聞いた事の無い音楽や、躍りに出会えるかもしれません。

 
飲食店・雑貨店など出店ブースも充実♪♪

美味しいフードを食べながらお買い物も楽しんで頂けます!!
 

日頃の疲れをゆっくり癒してくれる

リラクゼーションブースもございます!

ご家族、お友達、お誘い合わせの上、是非遊びに来てください!!

----------------------------------------------------------------------

(写真・紹介文はGENTENオフィシャルサイトより引用)

http://artgenten.jimdo.com/

 

(関連記事)

音と踊りのイベント GENTEN 2 in 兵主神社(和泉大宮 )

読んだらポチっとお願いします→にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ ツイート

市民参加型ミュージカル「命はいのち」in浪切ホールの舞台稽古を見てきました!

舞台から感じる「熱」というのは、稽古のときから始まっている。

舞台稽古というものを初めて見て、そう感じた。

 

keiko

 

5月21日浪切ホールで公演を控えているオリジナルミュージカル「命はいのち」の

舞台稽古を見学させて頂きました。

この日の稽古場所は福祉総合センター。

様々な職業、年齢のメンバーが週に1~2回集まり本番に向けて稽古中。

 

しかもこの日は、どんチャカフェスティバルもありました。

稽古の前に、告知のため岸和田駅前商店街でフラッシュモブをお披露目&告知。

商店街で!しかもフラッシュモブを目の前で見たことがない人も多いですよね。

私も初めて生で見ました。

ちょっとびっくりしますが、みんなが生き生きと歌う、踊るのをまちなかで見るのは

なかなか気持の良いものですね。

 

  flashmob

 

 

さて、このミュージカルは、がんが全身に転移しながらも、

病気と「遊ぶ」という「遊病生活」を最後まで貫いた一人の人生に光をあてた物語。

2015年7月の大阪公演に続いて、岸和田で公演を行うこととなり、

様々な人の思いをつなげてキャストを公募し泉州地域の老若男女が集まった。

 

_DSC0140

 

大阪公演から脚本・演出を手掛けるプロデューサーの三好さんの

言葉が印象的だった。

「原案者の真中さんは、まわりの人がびっくりするほどの回復を見せてくれた。

でも、どうしてそんなにがんばれるのですかと聞いてみたんです。」

その答えは?

「奥さんの笑顔を見たいから。そして周りのみんなの笑顔が嬉しいから」

 

すごくシンプルだ。

大切な人と過ごす時間と、

自分以外の人の人の喜ぶ姿が自分の力になる、

 

生きる力はどこから湧いてくるのか、は、ひとりひとり違うかもしれない。

でも生きるとは何か、最後まで自分自身と向き合えるか、

人生の時間をどう使えば良いのか。何が残せるのか。

この舞台では、いろんなことを投げかけてくれる。

 

原案者の作者は、大阪公演の後、空へ旅立った。

でも、真中さんは、今もキャストの皆さんと一緒に舞台を「遊び」、

そしてキャスト自身も、自分の人生を演じていることに喜びを感じながら共に創る。

皆さんも、ぜひ観劇してみてはいかがでしょうか?

当日は、岸和田の活性化にも一役買いたいと、

多目的ホールでライブや物販ブースなどもあり、楽しいイベントも同時開催です!

 

 inochi

 

 命はいのちイベントチラシ-2

 

(あらすじ)

前立線がん患者である作家の実体験を元にしたミュージカル作品。
がんが全身に転移し、歩行不可能と医者から宣告されるが、たった半年で奇跡の回復劇を見せる。
現在進行形で、病気と向き合う作家が描いた見る人すべてに生きる力を与える物語です。

(チケット申込・問合せ)

http://kokucheese.com/event/index/380956/

★公式FACEBOOKページ
https://www.facebook.com/inochi2.project
★公式YOUTUBEページ 
https://www.youtube.com/channel/UCkawjvWND7oet-i5UIsz64w

 

読んだらポチっとお願いします→にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ ツイート

大阪漁連直売所で生いかなご購入。いかなごの釘煮にチャレンジ!

大阪に春の訪れを知らせてくれる「いかなご漁」。

今年はいかなごのくぎ煮に挑戦してみました!

 

いかなごは足が早いとされ、朝どれの物を購入するのが大切です。

最近はスーパーの鮮魚売り場でも売っていますが、

漁港から直行便している大阪漁連の直売所へ。(予約が必要です)

生いかなごを購入方法や受取場所は大阪府漁連のブログを参考にどうぞ。

 

_DSC0001

 

大阪市内や近隣市町村からも毎年買いにくる方がいるそうです。

 

_DSC0002

 

初めてで量がわかりませんでしたが、2Kg購入してみました。

あとでネットでも調べたら、みなさん1kg~2kgづつ炊くみたいですね。

あまりいっぺんに炊くと味が安定しないそうで少しづつ炊くのがおすすめだそうです。

 

_DSC0015

 

まずは水できれいにあらいます・・・

 

_DSC0018

 

 

醤油、砂糖、みりん、酒を沸騰させます。

 

_DSC0038

 

煮立ってきたらいかなごとせん切りしたショウガを投入!

 

_DSC0046

 

出汁が均等になるよう素早くまぜて、強火で煮立たせます。

 

_DSC0053

 

丁寧にアクを取ります。吹きこぼれないように見張っています。(ここがガマンのところ)

 

_DSC0064

 

アクと泡がしずまったら、ここからはかき混ぜません。(またまたガマン)

落し蓋をして中火にします。

 

_DSC0069

 

煮汁が減ったら落し蓋をとって、さらに煮汁が減るまで煮詰めます。(けっこうガマン)

もう少し、もう少し・・・。

 

_DSC0080

 

どうかな?煮詰まりましたか?

あめいろになってきました!

_DSC0092

 

鍋を何度か振って天地をひっくりかえすといいそうです。

火を止めたらレモン汁を少しふりかけると良いと聞いたのでやってみる。

そして、平たいお皿に広げて温度を下げます。

くぎ煮の出来上がり!初めてにしては上出来!でしょうか。

 

_DSC0106

 

初めてチャレンジしましたが、美味しくできましたよ!

この季節ならではのいかなごのくぎ煮。

たくさんできたらみんなに食べてもらいたくて配る気持がわかります。

(兄弟や親戚にも少しおすそ分けしました。)

 

今年は、3月7日が解禁日と例年より少し遅いスタートでした。

しかも、なかなか暖かい日も続かず、穫れる量が少なめ、金額もお高めだったよう。

3月後半、漁は終盤にさしかかり、いかなごも大きく育ちつつありますが、値段は安定してきているそうです。

もう一度いかなごのくぎ煮を炊きたい方!初めてチャレンジする方も!

もう少しで漁が終わるので生いかなごの購入はお早めに!

 

>生いかなごの購入はこちら (大阪漁連直売所)

http://ameblo.jp/osakagyoren/entry-12135600845.html

 

読んだらポチっとお願いします→にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ ツイート

シャンソンを楽しむ岸和田ナイトカフェ 野田マスミ先生とご一緒に(カフェのだて)

2月の終わりのまだ寒い夜。

暖かい光がもれる岸和田駅前の「カフェのだて」で、

3ヶ月に一回行われる「シャンソン」を楽しむ会におじゃましてきました。

 

IMG_9847

 

カフェのだては、岸和田駅から徒歩1分のところにある緑色の外壁が印象的な一軒家。

故オーナーの和田さんが仕事で海外生活を過ごした後、 ふるさと岸和田に戻り、

文化的なイベントを気軽に楽しんでほしいと開いたカフェです。

現在は妹さんがオーナーとして切り盛りされており、

ミニコンサートをはじめ、絵画などの個展や様々な集いが行われています。

普段、昼間はカフェとして、もコーヒーやランチ

 

この日の晩は貸切り・・・。

どこからともなく時間になるとおしゃれした大人の男女が集まってくるのですよ。

 

  IMG_9830

 

岸和田市内や堺、和泉市、遠方では滋賀や和歌山やなどからも来る方が。

年代も様々。50代から80代くらいが多いそうですが、年齢制限はもちろんありません。

なんと!和歌山の海南市から車で通ってこられる80代の方も・・・。

老いも若きもおしゃれして、歌を楽しむために集まるのです。

 

でも歌う前に、まずはお食事タイム・・。

 

   IMG_9813

 

歌の前にいただくのは、「う我吉(うおきち)」さんのお弁当。

(これを楽しみにされているかたもいるんだとか)

この日は、春らしいあしらいで、目にもおいしいものでした、

雛祭り前のこの日は、「ハマグリのぬた和え」など季節を感じる食材も。

「えびじゃことまめのたいたん(炊いたのん)」

なんかも入っていて岸和田らしさを感じさせてくれました。

 

_DSC0005

 

「ではそろそろはじめましょうか」

 

野田マスミ先生が、集まったみなさんのテンションを高めながら

それぞれ好きな歌の譜面を持ってきて、先生のピアノ伴奏で歌っていきます。

 

IMG_9838

 

この日の参加者は25人ほど。

「もうすぐコーラスの発表会があって練習したい!」

「やっぱりピアノの生伴奏で歌うのが楽しい!」

「大勢の前で歌うのが楽しい!」 ときっかけは様々。

 

IMG_9844

 

「この歌を聞いて最初涙がでて。何度も聞いて元気をもらった歌です」

「ちょっと激しい恋の歌ですが、こういう思いもあるのかしらと思って」

「この歌の歌手はアルゼンチンでは知らない人がいないほど有名で・・・」

 などなど曲を選んだ理由やうんちくもあり、

その人の個性や人生が少し垣間見れて 聞いているだけで楽しめます。

 

IMG_9842

 

お弁当を届けてくれているう我吉の女将さんもここにいました。

シャンソンを趣味とされていて

「忙しい毎日の中で、この日を楽しみにがんばっているのよ」

とこっそり教えてくれました。

 

_DSC0051

 

写真をすべて載せられないのが残念ですが、

「枯葉」「ラストダンスは私と」「ゴットファーザー」「テネシー・ワルツ」

「不実女のなげき」「逢びき」などなど・・・。

シャンソン、カンツォーネ、タンゴやワルツなど思い思いの歌を披露。

 

 そして最後はみなさんで一緒に。

 

  IMG_9857

 

野田マスミ先生は、現在、シャンソン歌手として大阪市内などでの活動のかたわら、

阪南市の自宅スタジオと、岸和田、和泉市、堺東などでシャンソン教室を開催。

 

シャンソンの歌い手となったきっかけは?とお聞きしたところ、

ラジオ番組「仁鶴のなんやかんや土曜日」での仕事がきっかけで

故淡谷のり子さんのステージピアニストになったことが運命の出会いだったそうです。

 

70代、80代になってもパワフルにそして女性として魅力的に歌い上げる

淡谷のり子さんの影響を受け、シャンソンを学びたい!とその道を目指し、

ピアノ伴奏や弾き語りの腕を磨きつつ、ミュージシャンに。

 

そして、南大阪や泉州でシャンソンをもっと知ってもらいたいと 場所を探していた所、

カフェのだてにたまたま訪れたことから、

この場所で「歌会」を始めたのが約3年ほど前だそう。

歌を好きな人の口コミで参加者が増えていき、

現在、大人のシャンソン歌会は3ヶ月に1回のペースで続いています。

 

IMG_9895

 

年齢問わず楽しめるシャンソンを歌う楽しさをもっと知ってほしい、

これからは30代、40代の人にもその魅力を伝えたいですね、 と野田先生。

シャンソンや歌うことが本当に楽しい!というみなさんの様子を見て

岸和田にこんな「歌会」があるって素敵だなと思いました。

 

次回は5月27日(金)18時~20時 (17時からリハーサルとして無料練習)

レベルを問わず、どなたでも参加できるそうで、聞くだけでもOKですよとのこと。

参加費は3000円。(う我吉のお弁当とワンドリンクつき) 歌う人は譜面持参。

参加費の他に1曲500円が必要です。

ご興味のあるかたは、まずは見学してみてはいかがでしょうか?

お問合せは、カフェのだて、または野田先生に直接お問合せ下さい。

 

  ----------------------------------------------------

■カフェのだて  072-457-1985 http://ameblo.jp/cafe-nodate/

■野田マスミ 先生 090-2044-4299

※岸和田シャンソン教室は第二月曜日13:30~16:00   野田町会館にて

読んだらポチっとお願いします→にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ ツイート

岸和田Jrクラブ連覇目指す!第9回春季全日本小学生女子ソフトボール大会

岸和田市のホームページを検索すると

ソフトボールのニュースが非常に多いのに驚かされます。

多いだけではなく、結果や内容も素晴らしいということをご存知でしょうか?

 

ハイシニアソフトボールチームが全国大会に出場」

胸に「JAPAN」の文字がキラリ。女子ソフトボールメンバーとして台湾遠征

報道発表 岸城中学校女子ソフトボール部が4年連続で全国大会出場

 

などなど年齢も小学生からシニアまで活躍している人が多いのです。

 

ソフトボールの実力は全国屈指のものというのは、岸和田市民として

とても誇らしいですね!

 

 

そして、岸和田Jr.クラブが今年も全国大会に向けて日々練習をがんばっています。

 

IMG_0537

 

(岸ぶら過去の記事はこちら)

小学生女子ソフトボールの岸和田Jrクラブが初の全国大会進出!

岸和田Jrクラブが第8回春季全日本小学生女子ソフトボール大会で優勝

 

「岸和田jrクラブ」は岸和田市内小学校から選抜された女子ソフトボールチーム。

2期生(現6年生)が去年の3月におこなわれた 第8回春季全日本小学生女子ソフトボール大会で見事優勝をおさめました。

※去年の優勝の時の写真。チームの方にお借りしました。

 

IMG_0275

 

現在の3期生(5年生~3年生)は19名 。

去年の優勝という成績に恥じないよう練習を重ねています。

 

IMG_0277

 

岸和田JrクラブのFacebookページがあるので、ご紹介しますね。

「岸和田Jrクラブ」

https://www.facebook.com/kishiwada.jr.club/

 

また、現在、その熊本への遠征資金を様々な市内の飲食店や施設などに

募金箱が置いていただき、岸和田市民総出で応援!

その場所などはフェイスブックで確認できます。

 

前回も感じましたが、このまちの良さの一つである岸和田人の情の厚さ、

そして地域で子どもを育てる、というコミュニティの強さが

だんじりだけではなく、こういうところからも感じられますね。

 

岸和田Jrのみなさん、

普段の練習を大会でぜひ発揮してくださいね!

がんばれ!

 

※第9回春季全日本小学生女子ソフトボール大会の試合の

組み合わせも決まったようです。

初戦は愛媛県のチーム。

日程は2016年3月26日(土)~28日(月) です。

 

 ※写真は全てチームの方から提供いただきました。

 

読んだらポチっとお願いします→にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ ツイート

観て食べて語り合う映画「100年ごはん」岸和田上映会1月31日

「100年ごはん」という映画が1月31日、岸和田で上映されます。

 

私は「100年ごはん」というタイトルにまずびっくりしました。

なんだか想像がかきたてられるタイトルですが、

大分県臼杵市を舞台にした有機農業をめぐるドキュメンタリー映画。

監督は大林 千茱萸(ちぐみ)さん。(映画監督の大林宣彦さんの娘さん)

 

 

160110_100nen

 

 

 

舞台となった臼杵市とはどんな市なのか少し調べてみました。

人口は約4万人、大分県の東海岸に位置する市。

国宝の臼杵石仏や醤油の製造でも有名で。

城下町の町並みが残り、大分市と隣接し、近郊農業も盛んな都市です。

(岸和田とも共通するところがありますね。)

 

 

そんな臼杵市では、農業再構築の為に土づくり拠点施設「土づくりセンター」を開設。

市認定の草木類や豚ぷんからつくった「完熟肥料」で育てた有機野菜を

「ほんまもん」農産物として販売する取組みをしています。

 

 

 (リンク)

つむいで つなげる 「有機の里うすき」(臼杵市ホームページ)

 

 

今回、岸和田上映会を企画したのは、

ごはんが主役の料理研究家おくのひろみさんと

塔原町で有機農業を営む堀田新吾農園の堀田直子さんを中心に

いなほ料理教室のみなさんと、様々な方の応援で

上映会が行われる運びとなったそうです。

 

映画上映の後には、堀田ファミリーの育てた新米おにぎりと

いなほ教室特製のお漬物を食べ、

監督と臼杵市の佐藤さんや主催者でトークセッションを行うなど

食と農と地域を考える映画会です。

 

チケットがもうあとわずかで、29日までの販売予定だそうです。

好評のため、当日券の販売はなくなるようなので、

気になる方はお早めに前売りチケットを予約してくださいね。

ウェブサイトから予約できるようです。

こちらから
http://www.gohan-hiro.info/100年ごはん/

 

どんな映画か楽しみです。

また当日の様子もレポートしますね。

 

---------------------------------------------

 岸和田上映会
映画『100年ごはん』

1月31日(日)

13:30 会場
14:00 上映 65分
15:20 軽食+監督トークセッション
16:30 終了

場所:岸和田市立産業会館 2階
地図はこちら


前売 2,000円



チケット購入方法等
詳しくは下記のサイトよりご覧下さい。
http://www.gohan-hiro.info/100年ごはん/

---------------------------------------------

 

 

読んだらポチっとお願いします→にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ ツイート

カワイイをつくる会社 ディアローラ訪問記(岸和田ちきりアイランド)

ドラッグストアでなにげなく買っているネイルグッズやアイメイクアイテム、
それ、岸和田で作っているかもしれませんよ。

2009年の「ちきりアイランド」のまちびらきのときに大盛況だった
「ネイルつかみどり」を覚えているかたもいらっしゃるでしょうか?

そのマニキュアを作っているのが「Dear Laura(ディアローラ)」。
今回はちきりアイランドにある大阪ベイラボに訪問してきました。

IMG_9475

 

ディアローラは、「pa(ピーエー)」というネイルブランドや、
「AB(エービー)」という二重シールなどアイメイクアイテムなどの化粧品製造会社。

岸和田のちきりアイランドには、2つの工場と、ロジスティクスセンターがあり、
これらの商品は、ドン・キホーテやコクミン、スギ薬局、ウエルシア薬局などの
ドラッグストアで売られています。(※地域により異なります)


メイドインジャパンのマニキュアがここ岸和田で作られて、
国内はもちろん、アジアを中心に世界でも販売されているそうです。

 

_DSC0128

 

日本のマニキュアと、世界のマニキュアとどう違うのか?
そんなことを、思いついて聞いてみました。

例えばピンクが若干違う色でも「ピンクはピンク!」として
外国では同じ商品として売られてしまいます。

日本では、青みがかっているピンクとか、黄みがかっているピンクは
違うピンク色とみなされ、別の商品となります。


ディアローラは研究所も持っており、色の調合については専門職がいます。
工場で作った商品も最後は、人の手(目)で最終確認します。
つまり微妙な色の違いを同じように再現する
「色の再現性」ができることが強みとなっているのだそうです。

四季のある日本は昔から色彩豊かな国と言われていますが
マニキュアづくりにも日本特有の色彩感覚や、
色を見る目が生かされているんですね。

しかも、すでにこんなに色の種類があるのに、
毎年流行にあわせて新色ネイルが出るのだとか・・・。(すごい!)



_DSC0122


グローバルにも展開するディアローラは、ローカルな拠点も大事にする
「グローカル」企業であることを目指しているそうです。

岸和田市へも寄付をしたり、岸和田市内在住の社員やパートもいるとのこと。
(もちろん!?9月祭礼の時は公休!)

 

_DSC0127


また、少人数グループですが社会見学も受け入れているそうで、
色を調合し、マニキュアづくりの製作する小学生向けのワークショップを
行うこともあるとのこと。

 

なかには「ディアローラの研究職で将来就職しない?」
というくらい熱心に取り組む子もいるそうです。
それはきっとみんな夢中になるでしょうね!(大人にもやってほしい!)

 

残念なことに岸和田の小学校からはまだ申込がないとのこと。
一般の方からの申込は受け付けていませんが、
学校の先生が見ていたらぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

_DSC0132


自分の住んでいるまちにどんな企業があるか、
子どもの頃から様々な社会体験や職業体験をすることで、
地元で働く選択肢が増えるかもしれませんね。

学校からの社会見学&ネイルづくりワークショップについては、
ディアローラのホームページに問合せフォームからどうぞ、とのことでした。

こちらから>>

 

お話を聞かせてくださった竹本様、ありがとうございました。


(リンク)

Dear Laura(ディアローラ)

読んだらポチっとお願いします→にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ ツイート

30ページ中の1ページ目を表示しています

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 次へ »

プロフィール

0724~岸和田力~

岸ぶらがー:0724~岸和田力~

かじやまちでの活動を経て、春木に拠点を置く泉の和プロジェクトのブログ。泉州力発見マガジン『地域情報0724』のスタッフが地元のええとこ、ええもんの話題をお届けします。

最新記事

月別アーカイブ

あわせて読みたいブログパーツ

track feed