« 2010年9月 »

中秋の名月、岸和田山手のお月見”つかしてぇ”

中秋の名月、岸和田山手のお月見

コイモや団子をお月さまに見立てて、五穀豊穣をお祈りしましょう。
中秋の名月、ススキを飾って伝統的なお月見。岸和田に似合いますねぇ。
子どもたちがやってきて、玄関口かや窓から「つかしてぇ」という声・・・
お箸を一本握って、コイモやお団子をいただいて帰る。


中秋の名月、岸和田山手のお月見これが岸和田の
「つかして」。


かつて全国的に
行われたという
"お月見どろぼう"の
岸和田版と見られますが
きちんと継承されておりました。


だんじり小屋から響き渡る
お囃子の練習が、
あっちから、こっちから響いてくる抜群のBGMに。
美しい中秋の名月を
楽しみながら
「つかしてぇ」の風景を
極楽寺町、流木町、畑町に
追っかけてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
  中秋の名月、岸和田山手のお月見
平成22年7月22日(水)よる7時すぎ。

子どもたちは三つのまちを駈けまわるべく
自転車移動(無灯火は危ないで)!
どこのおうちが「つかして」くれるのか
情報交換しております(クリックで拡大)!
すでに袋いっぱいのお菓子を
手に入れた要領モノもおります!!

 

  

 


中秋の名月、岸和田山手のお月見伝統的(?)な「つかして」は
徒歩にて"岸ぶら"しつつ
ここぞと思うおうちの前で小さく叫びます。


子ども「つーかーしーてぇー」
家人「うちお月見やってないねん」
子ども「えぇー!」
こんなケースも・・・目撃しました。

 

 


中秋の名月、岸和田山手のお月見(クリックで拡大)理想のセッティング!
伝統的なスタイル!ウエルカムOTSUKIMI!
「つかせてぇ~」なのです!
素晴らしいこのおうち・・・
コイモ(うえの写真)にススキを備えてくれ
さらにジュースにお菓子もご用意です。


しかし、イマドキな子どもたちはお菓子が目的、
コイモを「ついた」痕跡はありませんでした。

 

 
中秋の名月、岸和田山手のお月見今日の「つかして」は
お菓子をふるまうイベントとしての性格が
強くなっている模様です。
「つーかーしーてぇー」という掛け声が
現存していることこそ救いでしょうか。

 

 

 

 



どこからともなく出現する子どもたちの多さ、元気よさ、
「つかしてぇ」と小さな声が聞こえる空間、音景観に酔うことができました。
いいものが残っておりますね、岸和田。さすが、子どもを大切にしている。

 


「食い物のないとき、"つかして"は、ホンマ愉しみやった」
「わしら竹箸もってつかしてもろとんのに、
 ええし(ええところ)の子はフォークでもって付きよんねん!」
「餅食わしてもらえたん、うれしゅーてなぁー」
お年寄りのお話も伺うことができました。

 


ただ、お年寄りの方々にとっても「お菓子ふるまいイベント化」は
由々しき事態に映っているようです。
"和製ハロウィン"なんて表現されたくないでしょう、そら。
「つかして」はオリジナルです。まちの個性です。


畑町 だんじり小屋 お囃子練習だんじり小屋ではトンとことんトン。
伝統文化継承とイベント化のすり合わせ。
畑町ですね、ケヤキの美しさが
月光に似合いますね、それと・・・
だんじり小屋もカッチョエエ
(クリックで拡大)。

 

 

 

 


極楽寺町、流木町、畑町のみならず、山直地区にも現存するという
情報も入手しております。
こういった微笑ましく、子ども視線のうれしい風習は、
「しきたり」とともに大切に保全する対象であると強く思います。
何かと課題も感じられますが、名月と「つかして」
外部から見ると極めてキショウな価値のあるものとお見受けしました。


中秋の名月、岸和田山手のお月見今回の「つかして」情報。
実は
ツイッターでのつぶやきにて
ご親切な方からのネタご提供でした。
この場にて御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

平成二十二年度 岸和田十月祭礼だんじり祭り<山手>観光ご案内

 

 

 

読んだらポチっとお願いします→にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ ツイート

コメント(1)

お月見泥棒“つかして”を継承していただくうえで

中秋の名月、お月見の晩に「つかして」という郷土色豊かな伝統行事があり、それを取…

コメントする

※公開されません


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック(5)

このテーマのトラックバックURL

  • ※公開承認制の為、トラックバックいただいてもこちらの承認までページには表示されません。
  • ※初めてトラックバックされる方は「岸ぶら利用規約」を必ずご覧下さい。
岸和田版“お月見泥棒”。あなたも“つかして”する? | ぶらぶら岸和田なんやこれ? - (2014年8月28日 09:31)
岸和田ぶらぶら情報/平成26年8月第5週 | 岸ぶらからのお知らせ - (2014年8月29日 14:09)
岸和田ぶらぶら情報/平成26年9月第2週 | 岸ぶらからのお知らせ - (2014年9月8日 01:00)
お月見泥棒つかして、中秋の名月は里芋と団子の煮物で | ぶらぶら岸和田なんやこれ? - (2014年11月7日 05:40)
岸和田の十五夜“つかして”平成27年お月見どろぼう | ぶらぶら岸和田なんやこれ? - (2015年9月29日 10:39)

【ご注意】

ブログの記事・コメント・トラックバックの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「岸ぶら利用規約」をご覧下さい。

プロフィール

梅田の人

岸ぶらがー:梅田の人

大阪市梅田在住の47歳、北大阪人。男、妻子あり。 観光振興プランナーという、特殊な肩書きを持ち、平成19年度岸和田市観光振興計画策定に係わることをキッカケに岸和田のディープ世界に導かれ、日々興味津々。 ぶらぶら歩きで“うけた”、“笑ろた”、“泣いた”、“ドッキリした”岸和田の不思議をについて、ご一緒に再確認したいと思います!

最新記事

月別アーカイブ

あわせて読みたいブログパーツ

track feed